「もう一度こんな生活がしたい」と目標を持ってリハビリに取り組み、
イキイキとした生活を取り戻された方々をたくさん見てまいりました。
私たちポシブルでの実際のご利用例をご覧下さい。

好きな料理屋、畑仕事をしたい

  • Tさん
  • 80歳 女性
  • 介護度:要支援2
  • 疾患:虚血性脳血管障害・狭心症・変形性腰椎症・両変形性膝関節症
好きな料理屋、畑仕事をしたい
お悩み
好きな料理ができなくなった。(長時間の立位保持が困難)
買い物に行けない。(歩行時の膝の痛み、持久力の低下)
畑に行けない。(バランスが不安定なため、転倒への恐怖心)
外出が減り人と接する機会がなくなった。
ご利用目標
料理をするため、長い時間立っていられるようになりたい。
買い物に行けるようになりたい。
畑仕事ができるようになりたい。

ポシブルの取り組み

理学療法士の評価

日常生活動作の評価
・膝の痛みを軽減していく必要がある。
・外出する機会も少なくなり、気持ちも落ち込んでいる。
運動動作の評価
・変形性腰椎症により、腰部が円背となっている。
・両変形性膝関節症により、荷重時の膝に痛みがある。
・活動範囲が狭くなり、下肢の筋力の低下・持久力の低下が見られる。
・円背により、長時間の炊事動作で腰痛が出現する。

改善プログラム

1.
マシンによる、膝周りを中心とした下肢筋力の強化。
2.
ニューステップを使用しての持久力向上。
3.
レッドコードを使用して、立位バランスの機能を取り戻す。
4.
自宅の炊事場の環境設定スポンジで肘置き・腹部のクッションを設置し、もたれかかるようにする。
5.
レッドコードを使用して、畑を想定しての歩行訓練。
6.
畑仕事を想定しての物を持ったままの立ち上がり訓練。
下肢筋力強化、持久力向上
立ち上がり訓練、不安定場所の歩行訓練、自炊炊事場の環境設定

その後の状況

歩行スピードが速くなりました
膝の痛みが軽減され、歩行スピードが速くなりました。
【10m歩行】
< 初 回 > 8.63秒
<1か月後> 6.28秒
<3か月後> 5.53秒
台所に少しずつ立てるようになりました
台所に少しずつ立てるようになった
ご主人と畑仕事を再開できるようになりました。

Tさん、さらなる目標達成に向けて、がんばっていらっしゃいます!

事例その1

前のページへ

事例その3

次のページへ

バーチャル見学会で施設内を見る
見学会のお問い合わせ 見学会のお問い合わせ
ページトップへ